┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃ FCP通信  …… 第7号 2008/9/12
┃ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
┃ 農 林 水 産 省 「食への信頼向上活動促進事業」  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

このメールマガジンは『フード・コミュニケーション・プロジェクト(FCP)』
に関する情報共有ネットワークにご参加いただいている皆様に向けて配信し
ております。
第7号では、ネットワーク意見交換会のご報告と、作業グループを進行している
ファシリテーターの紹介、消費者動向調査のまとめに関してお届けいたします。

┌ 今号の目次 ―――――――――――――――――――――――――――┐
 -【ご報告】 9/3、4日に開催したネットワーク意見交換会のご報告 
 -【ご紹介】 作業グループファシリテーター紹介(1)
 -【お知らせ】消費者動向調査まとめをホームページに掲載 
└―――――――――――――――――――――――――――――――――┘

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●ご報告│ 9/3、4日に開催したネットワーク意見交換会のご報告 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
9月3日(水)、4日(木)に農林水産省会議室にて、情報共有ネットワークにご参加
いただいている皆様とFCP事務局との間で、FCPの進捗状況を報告するとともに
研究会テーマについて意見交換を実施し、3日には17社21名、4日には21社24名の
方にご参加いただきました。

この意見交換会で行われた質疑応答の概要をホームページにアップしましたので、
このやり取りもご参考にしていただき、研究会テーマのご提案をいただきたいと
考えています。

当日のご質問やご意見の一部をご紹介すると
 ・消費者動向調査(グループインタビュー)の「協働の着眼点」への反映方針
 ・周知活動時におけるターゲットと、PRにおけるマスコミ等の活用
 ・食品事業者の大多数を占める中小企業への周知活動
 ・FCPの趣旨と類似する海外の取組み事例を参考にする事について
などが話題になりました。

FCP事務局では、プロジェクトが実態に即した、事業者の皆様に魅力あるものに
なる様、いただいたご意見・アドバイスを参考に運営させていただきます。

----------------------------------------------------------------------
意見交換会のご報告概要はこちらから:
フード・コミュニケーション・プロジェクト ホームページ
http://www.food-communication-project.jp/index.html
ネットワーク参加者専用ページへログイン後、「新着情報」のコーナーから
ご確認ください。
----------------------------------------------------------------------
研究会のテーマ提出方法はこちらから:
フード・コミュニケーション・プロジェクト ホームページ
http://www.food-communication-project.jp/index.html
ネットワーク参加者専用ページへログイン後、「意見提出」のコーナーから
お寄せ下さい。
___________________________________

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●ご紹介│ 作業グループファシリテーター紹介(1)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
食品事業者にお集まりいただいて検討を行う「作業グループ」は、3つの
観点毎にファシリテーターを置いて「協働の着眼点(第1版)」策定作業
を行っています。

・衛生管理作業グループについては、
  株式会社鶏卵肉情報センター 代表取締役社長 杉浦嘉彦氏
・サプライチェーンマネジメント作業グループについては、
  株式会社価値総合研究所 取締役 塩谷未知氏
・消費者コミュニケーション作業グループについては、
  株式会社電通 プロジェクト・プロデュース局 
  ソーシャルビジネスプロジェクト室 企画開発部 部長 鎌田道世氏
の皆様にファシリテーターをお願いしています。

これから3回にわたり、ファシリテーターの方をご紹介してまいります。
第1回目は、衛生管理の作業グループでご協力いただいています、
杉浦嘉彦氏をご紹介します。

☆杉浦嘉彦氏
株式会社鶏卵肉情報センター代表取締役社長(月刊「HACCP」、隔週刊「鶏
卵肉情報」、月刊「養豚情報」発行人)、日本HACCPトレーニングセンター
(JHTC)専務理事、NPO食品安全検証機構理事ほか

食の安全および畜産の業界専門誌、関係書籍の編集・発行、および食品衛生
講習会等の活動を通じて、農場から食卓までの双方向のコミュニケーション
に務めていらっしゃいます。食品製造、流通等フードチェーンの動向にも精通
されており、平成20年度「食品産業HACCP等普及促進事業」ではJHTCが事業実施
主体として中小企業のHACCP普及の取組を始めておられます。

〜杉浦氏からのコメント〜
「食への消費者不安がこれだけ増大した背景には、複合的な要因があります。
ただ現在の結果だけを見て、一番不幸な状況だと感じるのは「食の安全」に
ついて食品事業者が必要としている情報と、消費者が大事だと思っている情
報にかなりのギャップがあることです。この取組を通じて、消費者を含む
フードチェーンに、ハザードとリスクを食品安全コントロールの考えの
基本に据えた認識が共有できれば、「信頼でつながるフードチェーン」が
実現できるものと期待しています。」

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●お知らせ│ 消費者動向調査まとめをホームページに掲載 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
FCP事務局では、協働の着眼点策定作業グループで議論していただく際の検討材料
として、食品及び食品事業者に対する消費者の認識等についてグループインタビュー
を実施したところです。

このグループインタビューの結果をホームページに掲載しましたので、ご確認下さい。
「消費者動向調査(グループインタビュー)のまとめ」では、
 ・消費者からの問合せ時の食品事業者の丁寧な対応が、消費者の不安の解消、
  安心感に結びついている。
 ・消費者は、信頼確保の為に、食品事業者に対して誠実な対応、企業取組のPR、
  情報伝達の工夫・努力を求めている。
 ・食品事業者のHPにおける情報提供の認知度は低いが、消費者がいつでも欲しい
  時に情報が得られるという点では評価された。
などの消費者の意見のまとめをご覧いただけます。

----------------------------------------------------------------------
消費者動向調査まとめはこちらから:
フード・コミュニケーション・プロジェクト ホームページの「活動報告」の
コーナーからご覧いただけます。
http://www.food-communication-project.jp/
___________________________________

 FCPに関し、より理解を深めていただくため、FCPホームページでは
 「よくあるご質問」ページを設置し、随時拡充しています。
    
 http://www.food-communication-project.jp/qa/index.html
 
 FCPに関して、「ここをもっと説明して欲しい」などのご要望がございましたら、
 下記までお寄せください。

―――――――――――――――――――――――――――――――――――
 ◎《 FCP通信 》に関するお問い合わせ
  フード・コミュニケーション・プロジェクト(FCP)に関して
  ご質問等がございましたら下記までお問い合わせください。

   フード・コミュニケーション・プロジェクト事務局
メール:fcp_info@food-communication-project.jp

 ◎フード・コミュニケーション・プロジェクト ホームページ
   http://www.food-communication-project.jp/info/index.html

 ※本メールは配信専用です。返信いただいてもご対応致しかねますので
  あらかじめご了承ください。
=====================================================================
 ■発行:フード・コミュニケーション・プロジェクト事務局

閉じる