┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃ FCP通信  …… 第8号 2008/9/26
┃ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
┃ 農 林 水 産 省 「食への信頼向上活動促進事業」  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

このメールマガジンは『フード・コミュニケーション・プロジェクト(FCP)』
に関する情報共有ネットワークにご参加いただいている皆様に向けて配信し
ております。
第8号では、作業グループ議事概要のホームページ掲載と、ファシリテーター
のご紹介、卸売業の作業グループ開催についてお届けいたします。

┌ 今号の目次 ―――――――――――――――――――――――――――┐
 -【お知らせ】作業グループ議事概要をホームページに掲載 
 -【ご紹介】 作業グループファシリテーター紹介(2)
 -【お知らせ】卸売業の作業グループ開催について
└―――――――――――――――――――――――――――――――――┘

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●お知らせ│ 作業グループの議事概要をホームページに掲載 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
現在、「協働の着眼点(第1版)」策定作業グループでは業態別、テーマ別に
消費者の信頼向上のため、食品事業者が自らの行動を充実させていく際の重要な
取組ポイントや、消費者が安心して食を楽しむために着目すべきポイントなど
を議論・検討しています。

作業グループでは、
 ・取引先への原料や商品情報の管理について、最近では情報量が膨大に
  なっている現状
 ・工場見学等、各企業の食育への取組の紹介と、食育における
  大切なポイント
 ・品質向上のための各企業の取組
 ・フードディフェンスに関する取組
などの議論が行われています。
これらの議論のうち、第1回の作業グループにおける議事概要をホームページに
掲載しましたのでご覧ください。

今後、ホームページではこれらの議事概要を随時追加してまいります。

----------------------------------------------------------------------
作業グループの議事概要はこちらから:
フード・コミュニケーション・プロジェクト ホームページの「新着情報」の
コーナーからご覧いただけます。
http://www.food-communication-project.jp/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●ご紹介│ 作業グループファシリテーター紹介(2)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
食品事業者にお集まりいただいて検討を行う「作業グループ」は、3つの
観点毎にファシリテーターを置いて「協働の着眼点(第1版)」策定作業を
行っています。

ファシリテーター紹介第2回目では、サプライチェーンマネジメントの作業
グループでご協力いただいている、塩谷未知氏をご紹介します。

☆塩谷未知氏
企業関係のコンサルティングおよび公共系の調査を行う価値総合研究所で、
マーケティングや経営戦略コンサルティングを担当されています。
「食」に関する企業の経営コンサルティングの経験が豊富であり、
企業へのコンサルティングを通じて、地域活性化や食の地域ブランド
開発などの支援も多数行っていらっしゃいます。

〜塩谷氏からのコメント〜
「食品スーパーに買い物に行き、並んでいるむき出しの惣菜を見るたびに、
多くのことを感じます。世界や日本の各地から安全・安心な食材を集め、
スーパーのバックヤードまで運び調理し、まだ温かい惣菜を店頭に並べている
わけです。悪さやいたずらするお客さんがいないこと、生産する人、運ぶ人、
保管する人、調理加工する人など、多くの人のつながりと信頼で成り立って
います。それは生活者には見えませんが、お互いにその活動の実態や大切さ、
難しさを共有することが大事と思っています。」     
                       株式会社価値総合研究所
                         取締役 塩谷 未知

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●お知らせ│ 卸売業の作業グループ開催について 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
卸売業者の「協働の着眼点(第1版)」策定作業グループの議論がスタート
しました。

第1回の作業グループでは、
 ・卸売業で行っている食に関わる普及啓発活動の紹介と、
他業者との連携について
 ・食品のトレーサビリティーの課題について
などの議論が自己紹介とともに行われました。

各作業グループの第1回会合の開催日と、ご応募いただいた企業数は以下の
通りです。

9/17 卸売:サプライチェーンマネジメント(6社)
9/18 卸売:消費者コミュニケーション(5社)
9/30 卸売:衛生管理(4社)
___________________________________

 FCPに関し、より理解を深めていただくため、FCPホームページでは
 「よくあるご質問」ページを設置し、随時拡充しています。
    
 http://www.food-communication-project.jp/qa/index.html
 
 FCPに関して、「ここをもっと説明して欲しい」などのご要望がございましたら、
 下記までお寄せください。

―――――――――――――――――――――――――――――――――――
 ◎《 FCP通信 》に関するお問い合わせ
  フード・コミュニケーション・プロジェクト(FCP)に関して
  ご質問等がございましたら下記までお問い合わせください。

   フード・コミュニケーション・プロジェクト事務局
メール:fcp_info@food-communication-project.jp

 ◎フード・コミュニケーション・プロジェクト ホームページ
   http://www.food-communication-project.jp/info/index.html

 ※本メールは配信専用です。返信いただいてもご対応致しかねますので
  あらかじめご了承ください。
=====================================================================
 ■発行:フード・コミュニケーション・プロジェクト事務局
閉じる