┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃ FCP通信  …… 第9号 2008/10/17
┃ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
┃ 農 林 水 産 省 「食への信頼向上活動促進事業」  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

このメールマガジンは『フード・コミュニケーション・プロジェクト(FCP)』
に関する情報共有ネットワークにご参加いただいている皆様に向けて配信し
ております。
第9号では、作業グループ進捗報告とファシリテーターのご紹介、農林水産省の
補助事業のご案内についてお届けいたします。

┌ 今号の目次 ―――――――――――――――――――――――――――┐
 -【経過報告】作業グループ進捗報告
 -【ご紹介】 作業グループファシリテーター紹介(3)
 -【お知らせ】農林水産省の補助事業のご案内 
└―――――――――――――――――――――――――――――――――┘

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●経過報告│ 作業グループの進捗報告
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 
「協働の着眼点(第1版)」策定作業グループでは、業態別、テーマ別に議論・
検討を重ねています。作業は大詰めの段階に入り、協働の着眼点の具体案
作成に向け、引き続き議論を進めています。

作業グループの進捗状況(10月17日現在)
 食品製造業 
  「サプライチェーンマネジメント」 第4回まで実施済
  「衛生管理」           第4回まで実施済
  「消費者コミュニケーション」   第4回まで実施済

 食品小売業
  「サプライチェーンマネジメント」 第4回まで実施済
  「衛生管理」           第3回まで実施済
  「消費者コミュニケーション」   第4回まで実施済

 食品卸売業
  「サプライチェーンマネジメント」 第2回まで実施済
  「衛生管理」           第2回まで実施済 
  「消費者コミュニケーション」   第1回まで実施済

これまでの作業グループでは、
 ・消費者への情報発信には、社員への教育が重要であること
 ・情報の受発信に際しては、事件・事故時と普段の取組を分けて協働の
  着眼点を検討することが重要であること
 ・消費者には見えない業者間の取組で当たり前に実施していること(品質、
  納期)を消費者にどう理解していただくかが、協働の着眼点のポイントに
  なること
 ・取引相手先との情報共有の場が持続的な関係づくりには重要であること
などが話題に上がっています。

作業グループにおける議事概要をホームページに掲載しています。
今後、ホームページではこれらの議事概要を随時追加してまいります。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●ご紹介│ 作業グループファシリテーター紹介(3)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
食品事業者にお集まりいただいて検討を行う「作業グループ」は、3つの
観点毎にファシリテーターを置いて「協働の着眼点(第1版)」策定作業を
行っています。

ファシリテーター紹介第3回目では、消費者コミュニケーションの作業
グループでご協力いただいている、鎌田道世氏をご紹介します。

 ☆鎌田道世氏
 株式会社電通のプロジェクト・プロデュース局ソーシャルビジネス室
 に所属され、総務局CSR室社会貢献部も兼務されています。

 「健康・医療」「環境」といったソーシャルテーマを、生活者が関わる
 コミュニケーションに展開する企画プロデュースを行うお仕事をご担当
 されており、そうしたご経験を活かして、「食」というテーマについて
 生活者にどう伝えていくべきか、議論のファシリテートをお願いしています。

 〜鎌田氏からのコメント〜
 少し前までは一消費者として日本の食べ物は世界的にもバラエティ豊かで
 味覚も優れて良いことばかりと思っていましたが、昨今話題の自給率や食の
 問題などに触れ、改めてニッポンの食の全体について知る必要があると実感
 しました。食の断片的な情報提供だけでなく、ニッポンの食は全体で育てて
 いくべきもっとも大事なテーマのひとつだと食品事業者の皆さんとお話し
 しながら感じています。消費者も一緒に考え、ニッポンの食に積極的に参加
 していく気運づくりが次の世代のためにも必要ではないでしょうか。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●お知らせ│ 農林水産省の補助事業のご案内
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
平成20年度の農林水産省の「食品産業HACCP等普及促進事業」として下記の
研修会、シンポジウム等を開催予定しております(主催:日本HACCPトレー
ニングセンター)。
くわしくはURLをご覧ください。
http://www.maff.go.jp/sogo_shokuryo/haccp_hp/20jhtc-kensyu.html

☆食の安全性確保のための国際シンポジウム
「国際的視野で考えるこれからの食品安全性確保」
  開催日:2008年11月21日(金)
  時間:開場 午前10時30分 開演 午前11時 終了 午後5時30分 
  会場:有楽町朝日ホール(東京・有楽町)     
     東京都千代田区有楽町2-5-1 有楽町マリオン11F
  対象者:一般(フードチェーンのあらゆるステークホルダー)
  募集人数:500名

その他同事業では下記の研修会、シンポジウム等も予定しております。
あわせてご参照下さい。
☆食品企業経営者を対象にしたエグゼクティブ・セミナー
  12月 3日(水) 東京会場1  12月 9日(火) 福岡会場
   2月12日(木)  大阪会場  3月 3日(火) 東京会場2

☆HACCPの運営(維持・改善)を徹底講習〜検証と科学的証明ワークショップ
 2008年11月23日(日)〜25日(火) 東京で開催 食品企業実務者を対象

___________________________________

 FCPに関し、より理解を深めていただくため、FCPホームページでは
 「よくあるご質問」ページを設置し、随時拡充しています。
    
 http://www.food-communication-project.jp/qa/index.html
 
 FCPに関して、「ここをもっと説明して欲しい」などのご要望が
 ございましたら、下記までお寄せください。

―――――――――――――――――――――――――――――――――――
 ◎《 FCP通信 》に関するお問い合わせ
  フード・コミュニケーション・プロジェクト(FCP)に関して
  ご質問等がございましたら下記までお問い合わせください。

   フード・コミュニケーション・プロジェクト事務局
メール:fcp_info@food-communication-project.jp

 ◎フード・コミュニケーション・プロジェクト ホームページ
   http://www.food-communication-project.jp/info/index.html

 ※本メールは配信専用です。返信いただいてもご対応致しかねますので
  あらかじめご了承ください。
=====================================================================
 ■発行:フード・コミュニケーション・プロジェクト事務局
閉じる