┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

┃ FCP通信   ……第48号 2010/ 7/ 12

┃ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\

┃農林水産省 「フード・コミュニケーション・プロジェクト」 ̄ ̄ ̄ ̄

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

このメールマガジンは『フード・コミュニケーション・プロジェクト(FCP)』

に関する情報共有ネットワークにご参加いただいている皆様に向けて配信してお

ります。

第48号では、6月から7月の第一週までに開催されたFCP平成22年度研究会につ

いて報告をさせていただきます。

研究会には随時参加いただけます。参加登録はネットワーク参加者専用ページの

新着情報より参加登録申込書をダウンロードして、お申し込みください。

各詳細については、FCP専用ホームページをご覧ください。

┌ 今号の目次 ―――――――――――――――――――――――――――

●ご報告│第1回「消費者との対話のあり方」研究会のご報告

●ご報告│第1回「工場監査項目の標準化・共有化」研究会のご報告

●ご報告│第1回「企業力向上の場としてのマッチングフェア・商談会の活用

促進」研究会のご報告

●ご報告│第1回「アセスメント」研究会のご報告

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

●ご報告│第1回「消費者との対話のあり方」研究会のご報告

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

6月24日(木)に食品事業者、関連事業者の方など研究会登録企業25事業者・団体

のうち20事業者・団体計26名の参加により第1回「消費者との対話のあり方」研究

会を開催しました。

本研究会は「FCPダイアログシステム」の試行を行い、その有効性を検証しつ

つPDCAサイクルを動かすことの出来るシステムを研究することを目的として

います。当日は消費者対話の最近の動向についての情報交換に続いて、FCPダ

イアログシステムを使った対話の試行として「柏の葉キャンパス」での実施にむ

けた意見交換がされました。

当日の配布資料等詳細はこちらをご覧ください。

http://www.food-communication-project.jp/study/study_09.html

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

●ご報告│第1回「工場監査項目の標準化・共有化」研究会のご報告

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

6月25日(金)に食品事業者、関連事業者の方など研究会登録企業33事業者・団体

のうち29事業者・団体計30名の参加により第1回「工場監査項目の標準化・共有化

」研究会を開催しました。

本研究会は「FCP共通工場監査項目」の各項目について、要求水準と監査手法

の標準化・共有化の可能性について議論を行うことを目的としています。

当日は8つのグループに分かれて、監査項目66〜91についての要求水準と監査手法

についてとりまとめのための作業を行いました。

当日の配布資料等詳細はこちらをご覧ください。

http://www.food-communication-project.jp/study/study_10.html

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

●ご報告│第1回「企業力向上の場としてのマッチングフェア・商談会の活用促

進」研究会のご報告

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

7月2日(金)に食品事業者、関連事業者の方など研究会登録企業18事業者・団体

のうち16事業者・団体計22名の参加により第1回「企業力向上の場としてのマッチ

ングフェア・商談会の活用促進」研究会を開催しました。

本研究会は「FCP商談会・展示会シート」の活用に関する情報を共有し、広く

普及させるためのご提案や課題解決に向けた意見交換を行うことを目的としてい

ます。当日は参加者の皆様から、実際の活用事例の報告、活用方法について意見

交換がされました。

当日の配布資料等詳細はこちらをご覧ください。

http://www.food-communication-project.jp/study/study_12.html

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

●ご報告│第1回「アセスメント」研究会のご報告

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

横浜商科大学地域産業研究所(小林二三夫所長)の主催により、7月2日(金)に

第1回「アセスメント」研究会が開催されました。当日は食品事業者、関連事業者

の方など研究会登録企業33事業者・団体のうち18事業者・団体計19名の参加により

開催されました。

本研究会は、「協働の着眼点」を活用したアセスメント全般(セルフアセスメント、

二者間、第三者)に関する個々の活動を共有するための意見交換を目的としていま

す。

当自は横浜商科大学地域産業研究所の小林所長の挨拶につづき、参加者から「協働

の着眼点」を活用したアセスメントの事例紹介や今後の具体的な活動や課題につい

て意見交換がされました。

詳細は後日FCP専用ホームページに掲載いたします。

----------------------------------------------------------------------------

 ◎《 FCP通信 》では、情報共有ネットワークメンバーの皆さまのFCPの主旨に

  のっとった活動についてご紹介したいと考えています。ご紹介いただける活動が

  ありましたらFCP事務局までご連絡ください。

 ◎《 FCP通信 》に関するお問い合わせ

  フード・コミュニケーション・プロジェクト(FCP)に関して

  ご質問等がございましたら下記までお問い合わせください。

   フード・コミュニケーション・プロジェクト事務局

メール:fcp_jimukyoku@nm.maff.go.jp

 ◎フード・コミュニケーション・プロジェクト ホームページ

   http://www.food-communication-project.jp/info/index.html

 ※本メールは配信専用です。返信いただいてもご対応致しかねますので

  あらかじめご了承ください。

============================================================

 ■発行:フード・コミュニケーション・プロジェクト事務局

閉じる