┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

┃ FCP通信   ……第57号 2011/ 2/ 4

┃ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\

┃農林水産省 「フード・コミュニケーション・プロジェクト」 ̄ ̄ ̄ ̄

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

このメールマガジンは『フード・コミュニケーション・プロジェクト(FCP)』

に関する情報共有ネットワークにご参加いただいている皆様に向けて配信してお

ります。

第57号では、3月8日に開催するFCP成果報告会のご案内と1月に開催された

研究会について、ご報告いたします。

各詳細については、FCP専用ホームページをご覧ください。

┌ 今号の目次 ―――――――――――――――――――――――――――

☆ご案内│FCP成果報告会のご案内

●ご報告│第4回和歌山ブランチのご報告

●ご報告│第4回「商品情報の効率的なやりとり」研究会のご報告

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

☆ご案内│平成22年度FCP成果報告会開催のご案内

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

FCPでは、3月8日(火)に平成22年度FCP成果報告会を開催します。成果報告会で

は、FCPに関わる多様な関係者が一堂に会し、研究会の活動報告やFCP普及のため

の意見交換を予定しておりますので、是非ご参加ください。

日時:2011年3月8日(火) 13:30〜17:45(予定)

*プログラムごとの参加も可能です。プログラムの詳細と時間は、

FCP専用ホームページをご確認ください。

場所:東京大学弥生キャンパス弥生講堂一条ホール・セイホクギャラリー(予定)

   http://www.a.u-tokyo.ac.jp/yayoi/map.html

主催:農林水産省

共催:東京大学大学院農学生命科学研究科 食の安全研究センター

/アグリコクーン

参加申込み:以下URLより参加申込み書をダウンロードしていただき、必要事

項を記入の上、事務局までFAXしてください。

http://www.food-communication-project.jp/index.html

【プログラム】

第1部 13時30分〜

1. 主催者及び共催者挨拶

2. FCPの今後の取組について

3. FCP普及・戦略研究会について

4. FCP地域ブランチからの活動報告

第2部 14時40分〜

1. 工場監査項目の標準化・共有化研究会について

2. 商品情報の効率的なやりとり研究会について    

3. 企業力向上の場としてのマッチング・商談会の活用促進に関する研究会に

ついて

4. 消費者との対話のあり方研究会について

第3部 16時10分〜

1. グループディスカッション

2. 結果報告

*都合により、プログラムが変更になる場合がありますので、ご承知おき下さい。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

●ご報告│第4回「和歌山ブランチ」のご報告

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

1月19日(水)に食品事業者、関連事業者の方など12事業者・団体計15名の参

加により第4回「和歌山ブランチ」が開催されました。

当日は、東京農業大学学術研究員中山様のファシリテートにより、「展示会・商

談会シート」を使用したグループワークを行いました。

具体的には、社団法人日本能率協会の箱崎氏による表現力アップセミナーの講義

につづいて、グループワークでは参加者が2グループに分かれて、全員が順番に

出展者役となって「展示会・商談会シート」を使用した商談ロールプレイを行い

都度、その場で箱崎氏、中山氏よりアドバイスが行われました。

当日の配布資料等詳細はこちらをご覧ください。

http://blog.information-fcp.jp/?p=350

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

●ご報告│第4回「商品情報の効率的なやりとり」研究会のご報告

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

1月21日(金)に食品事業者、関連事業者の方など研究会登録企業28事業者・団体

のうち、17事業者・団体計18名の参加により第4回「商品情報の効率的なやりと

り」研究会を開催しました。

本研究会は、フードチェーン全体で情報共有の手法を研究することにより、事業

規模に関わらず、全てのステークホルダーの間で、商品に関する情報(特に品質

情報)が効率的にやりとりされるための論点を整理し、協働での対応方向を研究

することを目的としています。

当日は5グループに分かれて、取引先への情報伝達のスピードと正確性を向上さ

せるための取組について、目的、手法に応じて整理する作業と消費者への情報提

供の場面を起点に事業者間でやりとりされる情報の持つ特性についてのまとめの

作業を行いました。

当日の配布資料等詳細は、後日FCP専用ホームページに掲載いたします。

-------------------------------------------------------------------------

◎《 FCP通信 》では、情報共有ネットワークメンバーの皆さまのFCPの主旨にの

っとった活動についてご紹介したいと考えています。ご紹介いただける活動があ

りましたらFCP事務局までご連絡ください。

◎《 FCP通信 》に関するお問い合わせ

  フード・コミュニケーション・プロジェクト(FCP)に関して

  ご質問等がございましたら下記までお問い合わせください。

   フード・コミュニケーション・プロジェクト事務局

メール:fcp_jimukyoku@nm.maff.go.jp

◎フード・コミュニケーション・プロジェクト ホームページ

   http://www.food-communication-project.jp/info/index.html

※本メールは配信専用です。返信いただいてもご対応致しかねますので

 あらかじめご了承ください。

============================================================

 ■発行:フード・コミュニケーション・プロジェクト事務局

閉じる