┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

┃ FCP通信<成果報告会直前号>   ……第58号 2011/ 2/28

┃ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\

┃農林水産省 「フード・コミュニケーション・プロジェクト」 ̄ ̄ ̄ ̄

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

このメールマガジンは『フード・コミュニケーション・プロジェクト(FCP)』

に関する情報共有ネットワークにご参加いただいている皆様に向けて配信してお

ります。

3月8日(火)に開催される平成22年度FCP成果報告会まで約1週間となりまし

た。第58号では、FCP成果報告会の直前ご案内と2月上旬に開催された研究会に

ついて、ご報告いたします。

各詳細については、FCP専用ホームページをご覧ください。

┌ 今号の目次 ―――――――――――――――――――――――――――

☆ご案内│FCP成果報告会の直前ご案内

●ご報告│第3回「企業力向上の場としてのマッチングフェア・商談会の活用促進」

     研究会のご報告

●ご報告│第3回「FCP普及・戦略」研究会のご報告

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

☆ご案内│平成22年度FCP成果報告会開催の直前ご案内

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 3月8日(火)に開催される平成22年度FCP成果報告会まで約1週間となりました。

成果報告会では、FCPに関わる多様な関係者が一堂に会し、研究会の活動報告やFCP

普及のための意見交換を予定しております。是非ご参加下さい。

日時:2011年3月8日(火) 13:30〜17:45

   ※プログラムごとの参加も可能です。プログラムの詳細と時間は、

    FCP専用ホームページをご確認ください。

場所:東京大学弥生キャンパス弥生講堂一条ホール

   http://www.a.u-tokyo.ac.jp/yayoi/map.html

主催:農林水産省

共催:東京大学大学院農学生命科学研究科 食の安全研究センター

   /アグリコクーン

参加申込み:以下URLより参加申込み書をダウンロードしていただき、必要事

      項を記入の上、3月4日(金)までに事務局までFAX(03-6744-2369)

      又はE-mail(fcp_jimukyoku@nm.maff.go.jp)にてお申し込み下さい。

http://www.food-communication-project.jp/pdf/20110202.doc

【プログラム】

第1部 13時30分〜

1. 主催者及び共催者挨拶

2. FCPの今後の取組について

3. FCP普及・戦略研究会について

4. FCP地域ブランチからの活動報告

第2部 14時45分〜

1. 工場監査項目の標準化・共有化研究会について

2. 商品情報の効率的なやりとり研究会について    

3. 企業力向上の場としてのマッチング・商談会の活用促進に関する研究会について

4. 消費者との対話のあり方研究会について

第3部 16時15分〜

1. グループディスカッション

2. 結果報告

*都合により、プログラムが変更になる場合がありますので、ご承知おき下さい。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

●ご報告│第3回「企業力向上の場としてのマッチングフェア・商談会の活用促

 進」研究会のご報告

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 2月3日(木)に食品事業者、関連事業者の方など研究会登録企業20事業者・

団体のうち5事業者・団体計5名の参加により第3回「企業力向上の場としての

マッチングフェア・商談会の活用促進」研究会を開催しました。

 本研究会は「FCP商談会・展示会シート」の活用に関する情報を共有し、広

く普及させるためのご提案や課題解決に向けた意見交換を行うことを目的として

います。

 当日は、事務局から地方銀行フードセレクションや全国キャラバン!食の発掘

商談会など各商談会でのシートの活用状況と和歌山ブランチなどの研修の場での

活用状況についての紹介を行いました。

 また、前回の研究会から継続して意見交換を行ってきたシートの改善に関して

は、「現状のまま大きな変更を行わず普及に力を注ぐべき」との意見が大勢を占

めたことを踏まえ、アレルギー表示の記入欄を設けるなどの若干の修正を行うこ

ととした経緯を説明し、研究会のとりまとめとして3月8日の報告会で発表する事

で了解を得ました。

 さらに、来年度以降の展開として、シートの記入例を収集・分析し、さらに活

用を広めていくことなどについて意見が交わされました。

当日の配布資料等詳細はこちらをご覧ください。

http://www.food-communication-project.jp/study/study_12.html

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

●ご報告│第3回「FCP普及・戦略」研究会のご報告

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 2月8日(火)に食品事業者、関連事業者の方など研究会登録企業19事業者・

団体のうち17事業者・団体計17名の参加により第3回「FCP普及・戦略」研究

会が開催されました。

 本研究会では東京大学食の安全研究センター副センター長である中嶋先生、オ

ラクルひと・しくみ研究所代表の小阪様、(株)アール・ピー・アイ取締役の長澤

様が発起人となり、FCP情報共有NW参加事業者の主導による普及のあり方研

究、産学官連携による普及のあり方研究等を行っています。

 当日は、中嶋先生を中心に進められているFCPに関する研究「新たな食の信

頼向上活動の効率性及び政策支援の有効性に関する研究」の進捗状況についてご

紹介があり、この研究が実態に即して実施され、よりビジネス場面で有効に利用

されるものになるよう、出席者との間で意見交換が行われました。例えば、事件・

事故発生時の買い控えなどのいわゆる風評被害の調査研究に関するアンケートの

改善点などがありました。

 さらに、月刊HACCPでのFCPに関する連載の開始や、小阪様の著書「お

客さまの「特別」になる方法」でのFCPの紹介などの話題も提供されました。

当日の配布資料等詳細はこちらをご覧ください。

http://blog.information-fcp.jp/?p=357

-------------------------------------------------------------------------

◎《 FCP通信 》では、情報共有ネットワークメンバーの皆さまのFCPの主旨にの

っとった活動についてご紹介したいと考えています。ご紹介いただける活動があ

りましたらFCP事務局までご連絡ください。

◎《 FCP通信 》に関するお問い合わせ

  フード・コミュニケーション・プロジェクト(FCP)に関して

  ご質問等がございましたら下記までお問い合わせください。

   フード・コミュニケーション・プロジェクト事務局

メール:fcp_jimukyoku@nm.maff.go.jp

◎フード・コミュニケーション・プロジェクト ホームページ

   http://www.food-communication-project.jp/info/index.html

※本メールは配信専用です。返信いただいてもご対応致しかねますので

 あらかじめご了承ください。

============================================================

 ■発行:フード・コミュニケーション・プロジェクト事務局

閉じる