┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

┃ FCP通信                      ……第74号 2011/12/9

┃ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\

┃農林水産省 「フード・コミュニケーション・プロジェクト」 ̄ ̄ ̄ ̄

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

このメールマガジンは『フード・コミュニケーション・プロジェクト(FCP)』に

関する情報共有ネットワークにご参加いただいている皆様に向けて配信しておりま

す。

第74号では、11月22日に開催された「工場監査項目の標準化・効率化研究会」やFC

P地域ブランチのご報告をいたします。

┌ 今号の目次 ――――――――――――――――――――――――――――――

●ご報告│第4回工場監査項目の標準化・効率化研究会のご報告

●ご報告│FCP関係活動報告「地域ブランチ」について

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

●ご報告│第4回工場監査項目の標準化・効率化研究会のご報告

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

本研究会では、昨年度までに策定した「FCP共通工場監査項目」の普及を図るため、

ホームページ上で必要項目をチェックすると「FCP共通工場監査項目」から必要な

監査項目を抽出し、用途・目的に応じたシートを自動生成するプログラムを作成し

ています。

第4回研究会は、11月22日(火)に開催し、食品事業者、関連事業者の方など26事

業者・団体計30名に参加していただきました。

研究会では、前回の研究会に引き続き、監査の種類(定期監査、新規監査)、目的

(基本的な衛生管理の確認、コンプライアンス関連の確認、社内教育、二者監査)、

リスク(生物的危害、物理的危害、科学的危害、食物アレルギー)別に必要な監査

項目を抽出する作業をしていただきました。

当日の配布資料等詳細はこちらをご覧ください。(議事概要についてはまとまり次

第掲載いたします。)

http://www.food-communication-project.jp/study/study_16.html

今後は、これまでの研究会で抽出していただいた項目を基に、事務局で監査シート

の自動生成プログラムを作成し、研究会参加者の皆様に試行をしていただく予定で

す。

また、次回の研究会は、1月17日(火)に開催の予定です。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

●ご報告│FCP関係活動報告「地域ブランチ」について

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

FCP事務局では、FCPに関する最新情報を、プロジェクト専用ホームページの「FCP

最新ニュース」のコーナー(http://blog.information-fcp.jp/fcp/)に随時掲載

するようにしております。

本号では、このコーナーへの掲載情報の中から、FCPの仕組みを活用して、地域独

自の課題に取り組み、地場の食品産業の活性化につなげている地域ブランチの活動

に関する情報をご紹介します。今回、ご紹介する和歌山県、三重県、山梨県、島根

県、愛媛県に加えて、平成23年度は、岩手県、栃木県、滋賀県、大分県の計9県で

地域ブランチが立ち上がっています。

◆第3回和歌山ブランチについて

和歌山ブランチは、和歌山県庁主催で、2月9日(木)開催予定の「わかやま産品

 商談会in大阪」の出展希望者を対象に、「食の安全・安心を伝える技術を磨く!」

 をテーマに、安全・安心と企業の信頼向上について、売れる商品づくりと安全安

 心の伝え方や、商品の魅力を的確に伝えるコミュニケーション力を強化すること

 を目的としたセミナー(全6回予定)を開催しています。

今回は、第3回(11月9日(水))として、「自社商品を魅せる・伝える」をテー

 マとしたセミナーが開催されました。

前半では、東京農業大学農山村支援センターの中山様に、「商談会シート裏面

 (企業や工場の取組)のアドバイス」をしていただいた後に、(株)高島屋の野

 口様に、「バイヤーを惹きつける商談のすすめ方」と題したテーマでオンライン

 ストアで求められる商品、商談用資料作成のポイント、商談会運営のポイントに

 ついて講演していただきました。

後半では、グループワークで商談会シート表面(商品の紹介)を作成していただ

 いた後に、より伝えやすい表現についてアドバイスを行い、最後に自社商品の魅

 力をPRするロールプレイを行いました。

http://blog.information-fcp.jp/?p=727

次回は1月19日(木)に、実践に向けてロールプレイを中心に行う予定です。

◆第5回三重ブランチについて

三重ブランチは、三重県庁主催で、10月19日(水)開催の「『みえの食』オンラ

 インストア提案会」の参加希望者を対象に、「品質確保や商品づくりへの取組に

 ついて気づきの機会とするとともに伝達力の向上を図る。」をテーマに、展示会

 ・商談会シートを作成するセミナー(全5回)を開催してきました。

今回は、最終回の第5回(11月11日(金))として、「『みえの食』オンライン

 ストア提案会」に参加された事業者の皆様に提案会の振り返りを行っていただき、

 感想やご意見をいただきました。具体的には、「展示会・商談会シートに沿って

 バイヤーに説明できたので、シートを作っておいてよかった」という感想等があ

 りました。

http://blog.information-fcp.jp/?p=816

◆第4回島根ブランチについて

島根ブランチは、島根県庁主催で、平成24年1〜3月に商談会に出展される企業を

 対象に、商品力アップセミナーとして「FCP展示会・商談会シート」を作成し、

 商談会等で活用することを目的としたセミナー(全5回予定)を開催しています。

今回は、第4回(11月17日(木))として、「バイヤーに伝えるための商品PR術」

 をテーマとしたセミナーが開催されました。

前半では、(社)日本能率協会の箱崎様に、「バイヤーに『伝わる』商品PR術」

 というテーマで、商談での心構え、商品の表現力・コミュニケーション力を向上

 するための秘訣について、FCP展示会・商談会シートの有効性も絡めながら講演

 していただきました。

後半では、箱崎様をバイヤーに見立て、グループワークで「模擬商談会」を開催

 し、自社の商品のプレゼンをしていただきました。

http://blog.information-fcp.jp/?p=750

次回は3月中旬に、「自社の取り組みを振り返って」と題して、実際に展示会や

 商談会に参加しての感想や、課題を共有しながら1年間の活動を振り返りを行う

 予定です。

◆第1回山梨ブランチについて

山梨ブランチは、山梨県庁が中心となって、県中小企業団体中央会、県商工会連

 合会、山梨中央銀行との共催で、来年2月開催の「全国キャラバン!食の発掘商談

 会in東京」【主催:(株)JTB西日本(農林水産省補助事業)】へ参加する食品

 事業者を対象に、県内の食品事業者の販路拡大や企業価値の向上を目的としたセ

 ミナー(全3回予定)を開催しています。

今回は、第1回(11月24日(木))として、「企業力向上の場としての商談会活

 用講座」をテーマとしたセミナーが開催されました。

セミナーでは、最初に農林水産省FCP事務局からFCPの概要について説明を行った

 後、「FCP展示会・商談会シート」の作成の経緯、活用方法などに加えてバイヤ

 ーが特に注目する項目について解説しました。

http://blog.information-fcp.jp/?p=783

次回は12月5日(月)に、バイヤー目線での「FCP展示会・商談会シート」の作成

 方法について説明を行う予定です。

◆第2回愛媛ブランチ(普及指導員指導者養成講座)について

愛媛ブランチは、愛媛県庁主催で、

(1) 県下の食品事業者や農業関係者、行政関係者等を対象に、ベーシック16を使

  った企業力向上のための自社分析をし、その内容を使いFCP展示会・商談会シ

  ートを作成し、商談会で活用することを目的としたセミナー(ビジネス力向上

  実践講座・全5回予定)

(2) 現場の農業者の指導や助言を行う普及指導員を対象に、FCPの目的や商品の

  魅力の伝え方に対するスキルを向上させることを目的としたセミナー(普及指

  導員指導者養成講座・全3回予定)

を開催しています。

今回は、普及指導員指導者養成講座の第2回(11月25日(金))として、(株)

 鶏卵肉情報センターの杉浦様に、「食の安全・安心を“見える化”する」をテー

 マに、製造現場における衛生管理の見える化の必要性等について講演していただ

 きました。

http://blog.information-fcp.jp/?p=819

次回は、12月12日(月)に普及指導員指導者養成講座の3回目として、愛媛県担

 い手育成総合支援協議会あぐりすとクラブコーディネーターの鎌田様に「バイヤ

 ーを惹きつける商談の進め方」をテーマに講演等をしていただく予定です。

-------------------------------------------------------------------------

◎《 FCP通信 》では、情報共有ネットワークメンバーの皆さまのFCPの主旨にのっ

 とった活動についてご紹介したいと考えています。ご紹介いただける活動があり

 ましたらFCP事務局までご連絡ください。

◎《 FCP通信 》に関するお問い合わせ

  フード・コミュニケーション・プロジェクト(FCP)に関して

  ご質問等がございましたら下記までお問い合わせください。

   フード・コミュニケーション・プロジェクト事務局

メール:fcp_jimukyoku@nm.maff.go.jp

◎フード・コミュニケーション・プロジェクト ホームページ

   http://www.food-communication-project.jp/

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓

┃消費者の「食」への信頼向上のため、FCPの活動をお取引先の皆様などにも ┃

┃ご紹介下さいますようお願いいたします。               ┃

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

閉じる