┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

┃ FCP通信                      ……第75号 2011/12/27

┃ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\

┃農林水産省 「フード・コミュニケーション・プロジェクト」 ̄ ̄ ̄ ̄

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

このメールマガジンは『フード・コミュニケーション・プロジェクト(FCP)』に

関する情報共有ネットワークにご参加いただいている皆様に向けて配信しておりま

す。

第75号では、12月1日に開催された「普及・戦略研究会」、12月2日に開催された

「消費者との対話のあり方研究会」、12月5日に開催された「商品情報の効率的な

やり取りに関する研究会」やFCP地域ブランチのご報告と平成23年度FCP成果報告会

のお知らせをいたします。

┌ 今号の目次 ――――――――――――――――――――――――――――――

●ご報告│第2回普及・戦略研究会のご報告

●ご報告│第4回消費者との対話のあり方研究会のご報告

●ご報告│第4回商品情報の効率的なやり取りに関する研究会のご報告

●ご報告│FCP関係活動報告「地域ブランチ」について

○お知らせ│平成23年度FCP成果報告会開催のお知らせ

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

●ご報告│第2回普及・戦略研究会のご報告

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

本研究会は、東京大学大学院食の安全研究センターの中嶋先生、オラクルひと・し

くみ研究所の小阪様及び(株)アール・ピー・アイの長澤様を発起人として、FCP

の普及のあり方や普及方法に関わる研究と実践的取組を行うことを目的に活動して

います。

第2回研究会は、12月1日(木)に開催し、食品事業者、関連事業者の方など18事業

者・団体計20名に参加していただきました。

当日は、まず、小阪様から「店舗メディア化」実証実験(注)の目的や枠組みにつ

いてご説明いただきました。その後、中嶋先生から実証実験の内容や検証調査の方

法等についてご説明いただくとともに、分析中のアンケート調査結果についてご紹

介いただきました。また、東京大学の細野先生からはアイトラッキング調査(アイ

カメラを装着し、売場での視点・瞳孔の動きを計測)の結果についてご紹介いただ

きました。

当日の配布資料及び議事概要等詳細はこちらをご覧ください。

http://www.food-communication-project.jp/study/study_13.html

次回の研究会は、2月上旬に開催の予定です。

注)「店舗メディア化」実証実験:店舗でFCP関連のメッセージ、企業活動等の情

報を提供することで、消費者の「意識・態度」及び「行動」にどのような影響を及

ぼすかを検証し、情報発信のモデル構築を行う実証実験。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

●ご報告│第4回消費者との対話のあり方研究会のご報告

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

本研究会は、消費者コミュニケーションを効果的に行うための共通手引きとして、

平成21年度及び22年度の研究会活動で作成した「FCPダイアログ・システム」及び

「FCPダイアログ・システム作業シート」を普及することを目的としています。

具体的な活動内容としては、消費者との対話のテーマ(コンテンツ)を選定し、そ

のテーマに基づいて研究会参加者の皆様に事例発表を行っていただいています。そ

の際、自社の消費者コミュニケーションのたな卸しを行い、現状の検証・分析を行

うために「FCPダイアログ・システム作業シート」を用い、消費者との対話につい

てどのように取り組むべきか議論していただいています。

第4回研究会は、12月2日(金)に開催し、食品事業者、関連事業者の方など18事業

者・団体計23名に参加していただきました。

当日は、日本水産(株)様、(株)明治様、日本製粉(株)様、テーブルマーク

(株)様、(株)東急ストア様より各企業において既に行っている、あるいはこれ

から行おうと考えている各企業のコミュニケーション戦略について具体的な事例報

告をいただきました。

その後、発表いただいた5社様に各グループに入っていただき、各社の取り組みに

ついての「気づき」や「アドバイス」などグループディスカッションを行い、その

結果を発表していただきました。

当日の配布資料及び議事概要等詳細はこちらをご覧ください。

http://www.food-communication-project.jp/study/study_15.html

次回の研究会は、2月7日(火)に開催の予定です。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

●ご報告│第4回商品情報の効率的なやり取りに関する研究会のご報告

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

本研究会は、法令を守るための必須情報などの他にやり取りしている、原産地証明

や検査証明書のような「情報の信頼性を担保する情報」を、相手方の「情報管理体

制等に関する情報」に置き換えることで、やりとりする商品に関する情報の量・回

数を減らすことを目指して議論を進めています。

第4回研究会は、12月5日(月)に開催し、食品事業者、関連事業者の方など15事業

者・団体計15名に参加していただきました。

当日は、まず「協働の着眼点」と「『情報の信頼性を担保する情報』を置き換える

ために確認すべき『情報管理体制等に関する情報』」の項目(案)をどのように紐

付けたらよいか議論していただきました。

その後、「やり取りの頻度の高い項目(原料原産地情報)」と「やり取りに手間の

かかる項目(コンタミの可能性を含むアレルギー物質情報)」を想定したケースス

タディを行い、項目(案)の内容に修正の必要があるもの、不足しているもの、不

適当なものがないか等について議論していただくとともに、「こういったケース」

であればやり取りする商品情報が減らせるのではないかといった具体的な案を出し

ていただきました。

当日の配布資料等詳細はこちらをご覧ください。(議事概要についてはまとまり

次第掲載いたします。)

http://www.food-communication-project.jp/study/study_17.html

次回の研究会は、2月2日(木)に開催の予定です。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

●ご報告│FCP関係活動報告「地域ブランチ」について

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

FCP事務局では、FCPに関する最新情報を、プロジェクト専用ホームページの「FCP

最新ニュース」のコーナー(http://blog.information-fcp.jp/fcp/)に随時掲載

するようにしております。

本号では、このコーナーへの掲載情報の中から、FCPの仕組みを活用して、地域独

自の課題に取り組み、地場の食品産業の活性化につなげている地域ブランチの活動

に関する情報をご紹介します。今回、ご紹介する山梨県、愛媛県に加えて、平成23

年度は、岩手県、栃木県、三重県、滋賀県、和歌山県、島根県、大分県の計9県で

地域ブランチが立ち上がっています。

◆第2回山梨ブランチについて

山梨ブランチは、山梨県庁主催で、県内の食品事業者の販路拡大や企業価値の向

 上を図ることを目的に、FCPの考え方や取組を認知していただくためのセミナ

 ー(全3回予定)を開催しています。

今回は、第2回(12月5日(月))として、「企業力向上の場としての商談会活用

 講座」をテーマに、(株)京王百貨店の野口様にFCP展示会・商談会シート作成

 時にポイントとなる衛生管理の取組やバイヤーが特に注目する項目について講演

 していただきました。

http://blog.information-fcp.jp/?p=829

次回の山梨ブランチは1月中旬に開催する予定です。

◆愛媛ブランチ(ビジネス力向上実践講座第4回)及び愛媛ブランチ(普及指導員

 指導者養成講座第3回)について

愛媛ブランチは、愛媛県庁主催で、

(1) 県下の食品事業者や農業関係者、行政関係者等を対象に、ベーシック16を使

  った企業力向上のための自社分析をし、その内容を使いFCP展示会・商談会シ

  ートを作成し、商談会で活用することを目的としたセミナー(ビジネス力向上

  実践講座・全5回予定)

(2) 現場の農業者の指導や助言を行う普及指導員を対象に、FCPの目的や商品の

  魅力の伝え方に対するスキルを向上させることを目的としたセミナー(普及指

  導員指導者養成講座・全3回予定)

を開催しています。

今回は、ビジネス力向上実践講座の第4回(12月12日(月))として、「バイヤ

 ーのニーズをつかんで自社商品をPRする秘訣」をテーマに、(社)日本能率協会

 の箱崎様に商談会に出展する目的の明確化にすることの重要性と、そのために必

 要な心構えや準備について具体的な事例を示していただきながら講演していただ

 きました。

また、同日、普及指導員指導者養成講座の第3回として、「バイヤーを惹きつけ

 る商談の進め方」をテーマに、あぐりすとクラブコーディネーターの鎌田様に講

 演していただくとともに、普及指導員の方が作成したFCP展示会・商談会シート

 について具体的なアドバイスをしていただききました。

http://blog.information-fcp.jp/?p=842

次回の愛媛ブランチ(ビジネス力向上実践講座)は、1月25日(水)にFCP展示会

 ・商談会シートを使い、効率よく自社商品をPRする方法について、ロールプレ

 イングを行う予定です。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

○お知らせ│平成23年度FCP成果報告会開催のお知らせ

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

FCPでは、来年3月2日(金)に平成23年度FCP成果報告会を開催します。

成果報告会では、FCPに関わる多様な関係者が一堂に会し、研究会の活動報告やFCP

普及のための意見交換を予定しておりますので、是非ご参加ください。

なお、詳細については、決定次第お知らせ致します。

 日時:2012年3月2日(金)午後(予定)

 場所:東京大学弥生キャンパス弥生講堂

-------------------------------------------------------------------------

◎《 FCP通信 》では、情報共有ネットワークメンバーの皆さまのFCPの主旨にのっ

 とった活動についてご紹介したいと考えています。ご紹介いただける活動があり

 ましたらFCP事務局までご連絡ください。

◎《 FCP通信 》に関するお問い合わせ

  フード・コミュニケーション・プロジェクト(FCP)に関して

  ご質問等がございましたら下記までお問い合わせください。

   フード・コミュニケーション・プロジェクト事務局

メール:fcp_jimukyoku@nm.maff.go.jp

◎フード・コミュニケーション・プロジェクト ホームページ

   http://www.food-communication-project.jp/

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓

┃消費者の「食」への信頼向上のため、FCPの活動をお取引先の皆様などにも ┃

┃ご紹介下さいますようお願いいたします。               ┃

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

閉じる