┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

┃ FCP通信                       ……第84号 2012/7/17

┃ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\

┃農林水産省 「フード・コミュニケーション・プロジェクト」 ̄ ̄ ̄ ̄

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

このメールマガジンは『フード・コミュニケーション・プロジェクト(FCP)』に関

する情報共有ネットワークにご参加いただいている皆様に向けて配信しております。

第84号では、第1回消費者対話の活性化勉強会、第1回「食の信頼」標準化研究会、第

1回FCP企業力アップ研究会及び第1回品質監査に関する研究会の御報告をいたします。

┌ 今号の目次 ―――――――――――――――――――――――――――――――

●御報告│7月2日(月)に第1回消費者対話の活性化勉強会を開催しました

●御報告│7月4日(水)に第1回「食の信頼」標準化研究会が開催されました

●御報告│7月10日(火)に第1回FCP企業力アップ研究会を開催しました

●御報告│7月12日(木)に第1回品質監査に関する研究会を開催しました

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

●御報告│7月2日(月)に第1回消費者対話の活性化勉強会を開催しました

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

本勉強会は、農林水産省主催で、FCPいつでも「見える化」活動として、FCPの取組を

広く普及することを目的として開催しています。

7月2日(月)に食品事業者や関連事業者の方など20事業者・団体計26名の参加により、

第1回勉強会を開催しました。

当日は、事務局から本勉強会の概要を説明するとともに、FCP参加事業者の皆様の活

動を紹介するフェイスブックサイトの本格的な運営についてのお知らせや、8月8〜9

日に農林水産省で開催される「子ども霞が関見学デー」などにおけるFCPの紹介など

の具体的な活動内容について御説明しました。その後、意見交換として参加者の皆様

から活動内容についての御意見をいただきました。

消費者対話の活性化勉強会の詳細及び第1回勉強会の配付資料等はこちらのページを

ご覧ください。(議事概要はまとまり次第掲載いたします。)

http://www.food-communication-project.jp/study/study_24_05.html

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

●御報告│7月4日(水)に第1回「食の信頼」標準化研究会が開催されました

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

本研究会は、東京海洋大学湯川剛一郎教授を発起人として、FCPで作成した「協働の

着眼点」、「FCP共通工場監査項目」等のツールや既存の認証項目等、国内外にある

食品安全のための規格、手法の項目を参考に、「食の信頼」を担保しうる項目に関す

る提言を行うことを目的として開催されるものです。

7月4日(月)に食品事業者や関連事業者の方など29事業者・団体計31名の参加により、

第1回勉強会が開催されました。

当日は、食品安全スキームに関する基礎解説として、マネジメントシステム規格につ

いて湯川先生より御説明がありました。

また、食の安心への対策として、BSE・事故米殻・食品の放射能汚染対策を事例とし

て挙げ、それらの内容を踏まえて食品安全の失敗事例から抽出した「問題点」を「食

の信頼」を担保するポイント毎に整理するようグループディスカッションを行いまし

た。

「食の信頼」標準化研究会の詳細及び第1回研究会の配付資料等はこちらのページを

ご覧ください。

http://www.food-communication-project.jp/study/study_24_03.html

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

●御報告│7月10日(火)に第1回FCP企業力アップ研究会を開催しました

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

本研究会は、農林水産省主催で、地域の中小食品企業等が事業の活性化と企業の信頼

向上を図るため、事業活動全般にFCPの考え方やツールを一括して活用できるプログ

ラムの作成を目的として開催します。

7月10日(火)に食品事業者や関連事業者の方など17事業者・団体計18名の参加によ

り、第1回研究会を開催しました。

当日は、企業力アッププログラムの作成の前に、共有しておくべき事項として、プロ

グラムのターゲットを誰にするかの議論が行われるとともに、それぞれのターゲット

の「企業力がアップした状態」とはどのような状態か、また企業力アップの検証方法

はどのような方法が考えられるかについて議論が行われました。

その後、ターゲットごとにFCPで活用できるツールや活用が難しいツールについて議

論が行われました。

FCP企業力アップ研究会の詳細及び第1回研究会の配付資料等はこちらのページをご覧

ください。(議事概要はまとまり次第掲載いたします。)

http://www.food-communication-project.jp/study/study_24_04.html

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

●御報告│7月12日(木)に第1回品質監査に関する研究会を開催しました

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

本研究会は、農林水産省主催で、 FCP共通工場監査項目を更に広く使っていただくた

めに、工場監査で指摘する(される)頻度が多いなど、特に「重要と考える項目」の

抽出等を目的として開催します。

7月12日(木)に食品事業者や関連事業者の方など32事業者・団体計35名の参加によ

り、第1回研究会を開催しました。

当日は、FCP共通工場監査項目から、実際の監査で指摘する(される)頻度の高い項

目や重要と考える項目をピックアップしていただいた事前アンケートで、多くの回答

をいただいた29項目について、実際の監査で指摘する(される)具体的な事例につい

て議論が行われました。

その後、FCP共通工場監査項目の入門編の作成に向けて、具体的なチェック方法や解

説などの項目立てをどのようにすればよいか議論が行われました。

品質監査に関する研究会の詳細及び第1回研究会の配付資料等はこちらのページをご

覧ください。(議事概要はまとまり次第掲載いたします。)

http://www.food-communication-project.jp/study/study_24_06.html

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

◎皆さまの取組を情報共有ネットワークメンバーと共有してみませんか

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

FCPの趣旨に則った、情報共有ネットワークメンバーの皆さまの活動事例をFCP事務局

に御紹介ください。FCP通信や、皆さまの御都合がよろしければFCPホームページに掲

載させていただくことを考えています。御紹介いただける活動事例がありましたら、

是非FCP事務局までご連絡ください。

  宛先:fcp_jimukyoku@nm.maff.go.jp

---------------------------------------------------------------------------

◎《 FCP通信 》に関するお問い合わせ

  フード・コミュニケーション・プロジェクト(FCP)に関して

  御質問等がございましたら下記までお問い合わせください。

   フード・コミュニケーション・プロジェクト事務局

メール:fcp_jimukyoku@nm.maff.go.jp

◎フード・コミュニケーション・プロジェクト ホームページ

   http://www.food-communication-project.jp/

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓

┃消費者の「食」への信頼向上のため、FCPの活動をお取引先の皆様などにも ┃

┃御紹介くださいますようお願いいたします。              ┃

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

閉じる