┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

┃ FCP通信                        ……第86号 2012/9/6

┃ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\

┃農林水産省 「フード・コミュニケーション・プロジェクト」 ̄ ̄ ̄ ̄

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

このメールマガジンは「フード・コミュニケーション・プロジェクト(FCP)」に関

する情報共有ネットワークに御参加いただいている皆様に向けて配信しております。

第86号では、(1)子ども霞が関見学デーの御報告、(2)第2回「食の信頼」標準化研究

会の御報告、(3)東京大学食の安全研究センター様が主催の食の安全に関するフォー

ラム等の御案内をいたします。

┌ 今号の目次 ―――――――――――――――――――――――――――――――

●御報告│8月8日(水)〜9日(木)に実施された農林水産省子ども霞が関見学デー

     で親子の皆さま等を対象にFCP活動を紹介しました

●御報告│8月29日(水)に第2回「食の信頼」標準化研究会を開催しました

☆御案内│東京大学食の安全研究センター様が食の安全に関するフォーラム等を開催

     します

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

●御報告│8月8日(水)〜9日(木)に実施された農林水産省子ども霞が関見学デー

     で親子の皆さま等を対象にFCP活動を紹介しました

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

「子ども霞が関見学デー」は、文部科学省をはじめとした府省庁等が連携して、業務

説明や省内見学などを行うことにより、親子のふれあいを深め、子どもたちが夏休み

に広く社会を知る体験活動の機会とするとともに、農林水産省においては、毎日の

「食」を生み出す農林水産業に理解を深めていただくことを目的として、平成12年度

から実施しています。

今年度のFCPの活動は、FCPの普及(食品事業者の現場での普及、消費者への発信)に

力を入れることとしているところであり、その一環で、「食品企業のお仕事を見てみ

よう!〜フード・コミュニケーション・プロジェクト」として子ども霞が関見学デー

に出展し、子どもとその保護者に対して、FCPの理念にのっとり行われている、食の

信頼向上に関連した食品企業の取組について、パネル展示や実演コーナーで紹介しま

した。

当日は、天気も良く、FCPの展示コーナーには800名近い入場者(農林水産省全体では

3,320名の入場者)がありました。クイズラリー形式の展示や、食の信頼について体

験する実演ともに大変盛況で、夏休みの子ども達の笑顔や真剣な眼差しに溢れた2日

間となりました。御協力いただいた企業・団体の皆様ありがとうございました。

FCPは、平成20年の立ち上げから5年目を迎え、本年度は、食品事業者の皆様の「現場」

でのFCPの活用の推進や、消費者の皆様へのFCP参加企業の取組の発信など、FCP活動

自体の「見える化」に力を入れていきたいと考えています。今後ともFCPの普及への

御協力よろしくお願いいたします。

子ども霞が関見学デーの様子はこちらのページをご覧ください。

http://www.maff.go.jp/j/kids/k_d/video.html

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

●御報告│8月29日(水)に第2回「食の信頼」標準化研究会を開催しました

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

本研究会は、東京海洋大学湯川剛一郎教授を発起人として、FCPで作成した「協働の

着眼点」、「FCP共通工場監査項目」等のツールや既存の認証項目等、国内外にある

食品安全のための規格、手法の項目を参考に、「食の信頼」を担保しうる項目に関す

る提言を行うことを目的として開催されるものです。

8月29日(水)に食品事業者や関連事業者の方など19事業者・団体計19名の参加によ

り、第2回研究会が開催されました。

当日は、前回議論されたた内容を振り返った後に、「食の信頼」を担保するポイント

とは何かについてグループディスカッションを行い、そのポイントを「協働の着眼点」

の16項目の視点で整理しました。

その後、湯川先生より「安心への対策」に関する基礎解説として、BSE対策等を事例

に挙げた解説と製品認証スキームのパターン等について御説明がありました。

「食の信頼」標準化研究会の詳細及び第2回研究会の配付資料等はこちらのページを

ご覧ください。(議事概要はまとまり次第掲載いたします。)

http://www.food-communication-project.jp/study/study_24_03.html

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

☆御案内│東京大学食の安全研究センター様が食の安全に関するフォーラム等を開催

     します

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

例年、FCP中間報告会や成果報告会を農林水産省FCP事務局と共催している東京大学食

の安全研究センター様では、以下のとおり、食の安全に関するフォーラム等を開催い

たします。

FCPが目指している「食」に対する消費者の信頼向上のための取組の参考になると思

いますので、是非皆様も御参加ください。

(1)「食の安全に関するフォーラム」について

 神戸大学食の安全・安心科学センター様と共催で、「食と感染症」及び「食品の物

 理化学汚染」をテーマに、産学官の専門家による講演とパネルディスカッションを

 行います。

  会 期:平成24年9月20日(木)〜21日(金)

  場 所:東京大学農学部弥生講堂・一条ホール

      (東京メトロ南北線「東大前」下車、徒歩2分)

  定 員:250人

  参加費:無料

  主 催:東京大学大学院農学生命科学研究科食の安全研究センター

      神戸大学大学院農学研究科食の安全・安心科学センター

 プログラムや参加申込方法等、詳細はこちらのページをご覧ください。

 http://www.frc.a.u-tokyo.ac.jp/event/120920.html

(2)「JRA被災地支援対策事業に関する調査研究発表会」について

 財団法人全国競馬・畜産振興会様と共催で、被災地支援のための研究成果を広く一

 般の方々に知っていただくことを目的として、調査研究発表会を開催します。

  日 時:平成24年10月4日(木)10:30〜17:00

  場 所:東京大学農学部弥生講堂・一条ホール

      (東京メトロ南北線「東大前」下車、徒歩2分)

  定 員:250人

  参加費:無料

  主 催:東京大学大学院農学生命科学研究科食の安全研究センター

      財団法人全国競馬・畜産振興会

 プログラム等、詳細はこちらのページをご覧ください。

 http://www.frc.a.u-tokyo.ac.jp/event/121004.html

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

◎皆さまの取組を情報共有ネットワークメンバーと共有してみませんか

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

FCPの趣旨にのっとった、情報共有ネットワークメンバーの皆さまの活動事例をFCP事

務局に御紹介ください。FCP通信や、皆さまの御都合がよろしければFCPホームページ

に掲載させていただくことを考えています。御紹介いただける活動事例がありました

ら、是非FCP事務局まで御連絡ください。

  宛先:fcp_jimukyoku@nm.maff.go.jp

---------------------------------------------------------------------------

◎《 FCP通信 》に関するお問い合わせ

  フード・コミュニケーション・プロジェクト(FCP)に関して

  御質問等がございましたら下記までお問い合わせください。

   フード・コミュニケーション・プロジェクト事務局

メール:fcp_jimukyoku@nm.maff.go.jp

◎フード・コミュニケーション・プロジェクト ホームページ

   http://www.food-communication-project.jp/

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓

┃消費者の「食」への信頼向上のため、FCPの活動をお取引先の皆様などにも ┃

┃御紹介くださいますようお願いいたします。              ┃

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

閉じる