┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

┃ FCP通信                       ……第88号 2012/10/29

┃ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\

┃農林水産省 「フード・コミュニケーション・プロジェクト」 ̄ ̄ ̄ ̄

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

このメールマガジンは「フード・コミュニケーション・プロジェクト(FCP)」に関

する情報共有ネットワークに御参加いただいている皆様に向けて配信しております。

第88号では、(1)11月17日(土)開催の「2012年度日本フードシステム学会秋季研究

会」の御案内、(2)農林水産省食料産業局の公式Facebookページの御案内、(3)日本食

文化無形文化遺産化シンポジウムの御案内、(4)「食の信頼」標準化研究会の御報告、

(5)FCP通信の配信元アドレス変更のお知らせをいたします。

┌ 今号の目次 ―――――――――――――――――――――――――――――――

☆御案内│農林水産省からも今年度のFCPについて発表します:11月17日(土)に

「2012年度日本フードシステム学会秋季研究会」が開催されます。

☆御案内│農林水産省食料産業局の公式Facebookページを開設しました!

☆御案内│「日本食文化無形文化遺産化シンポジウム〜伝えよう!地域の食文化〜」

     が開催されます。

●御報告│10月18日(木)に第3回「食の信頼」標準化研究会が開催されました。

○お知らせ|FCP通信の配信元アドレスが変更されます。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

☆御案内│農林水産省からも今年度のFCPについて発表します:11月17日(土)に

「2012年度日本フードシステム学会秋季研究会」が開催されます。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

11月17日(土)に、産学官の協働によるFCPの新たな可能性を模索するため、「フー

ド・コミュニケーションの未来」をテーマとした「2012年度日本フードシステム学会

秋季研究会」(主催:日本フードシステム学会)が、FCP普及・戦略研究会と合同で

開催されます。

当日は、東京大学大学院の中嶋教授によるFCPの概念や背景等についての御講演や、F

CP事務局による今年度のFCP研究会・勉強会の取組状況の御報告等を行います。また、

産学官連携による食の信頼向上の取組に関するワークショップも予定されています。

これまでのFCPの取組を知っていただける絶好の機会ですので、是非御参加ください。

  日 時:平成24年年11月17日(土) 13:00〜17:50

  場 所:東京大学農学部 弥生講堂

      東京都文京区弥生1-1-1

      http://www.a.u-tokyo.ac.jp/campus/overview.html

  参加費:無料

  ※事前申込みは不要です。

プログラム(案)

 ・会長挨拶(斎藤修 千葉大学大学院)

 ・フード・コミュニケーション・プロジェクト事務局 挨拶

   (西経子 農林水産省食料産業局 企画課食品企業行動室長)

 ・「FCPから発展する新たな概念(仮)」(中嶋康博 東京大学大学院)

 ・「FCP研究会・勉強会の平成24年度の活動について」

   (西経子 農林水産省食料産業局 企画課食品企業行動室長)

 ・「FCP地域ブランチにおける産学官連携の取組:岩手ブランチの取組から(仮)」

   (塩谷未知 青森中央学院大学)

 ・「企業の信頼指標構築の取組:FCP協働の着眼点を利用して(仮)」

   (細野ひろみ 東京大学大学院)

 ・「FCPにおける協働の枠組みの構造と発展可能性(仮)」

   (神井弘之 政策研究大学院大学)

 ・ワークショップ「産学官連携による(食信頼)新たな取組の可能性(仮)」

 ・副会長閉会挨拶(安倍澄子 日本女子大学)

                               ※敬称略

詳細はこちらをご覧ください。

http://www.fsraj.org/index.php?action=pages_view_main&active_action=journal_view_main_detail&post_id=31&comment_flag=1&block_id=172#_172

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

☆御案内│農林水産省食料産業局の公式Facebookページを開設しました!

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

農林水産省食料産業局の公式Facebookページを立ち上げました。

www.facebook.com/maff.shokusan

Facebookにおいて、食品産業分野の情報はもちろん、6次産業化、日本が誇る食品や

食文化の輸出、再生可能エネルギー、バイオマス、知的財産、観光、物流、医療など

など、農林水産省がかかわる「食」について、新たな切り口から、多くの施策や情報

の発信を進めていきます。

様々な分野の関係者の方々と、これまで以上に幅広いネットワークを構築することを

目指しています。

皆さま、是非「いいね!」していただくとともに、広くご紹介をいただいて、情報共

有・情報発信の輪に御参加ください!

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

☆御案内│「日本食文化無形文化遺産化シンポジウム〜伝えよう!地域の食文化〜」

     が開催されます。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

農林水産省では、日本食文化のユネスコ無形文化遺産登録実現に向け、国民的な機運

の醸成を図るとともに、地域における食文化の継承に繋げるよう、「日本食文化無形

文化遺産化シンポジウム〜伝えよう!地域の食文化〜」を全国9ブロックで順次開催

しています。

是非皆様も御参加ください。

  主 催 農林水産省

  参加費 無料

○九州ブロック  ※参加者募集中

 日  時 平成24年11月15日(木) 13:30〜16:00

 会  場 八重洲博多ビル 11階 ホールA

      福岡市博多区博多駅東2丁目18番30号

 基調講演 土井善晴 氏

       料理研究家

○沖縄ブロック  ※参加者募集中

 日  時 平成24年11月25日(日) 13:30〜16:00

 場  所 那覇市職員厚生会 厚生会館 多目的ホール

      那覇市おもろまち1-1-2

      那覇市上下水道局庁舎B棟3階

 基調講演 尚 弘子 氏

       沖縄科学技術大学院大学理事・評議員、

       沖縄県栄養士会名誉顧問

 ※当初9月30日に予定されておりましたが台風の影響により延期しました

○北海道ブロック  ※参加者募集中

 日  時 平成24年11月30日(金) 13:00〜15:30

 場  所 札幌国際ビル 8階 国際ホール

      札幌市中央区北4条西4丁目1番地

 基調講演 小田嶋 政子 氏

       北翔大学生涯スポーツ学部 教授

○北陸ブロック 11月中旬 (開催地 未定)

○東北ブロック 1月上旬 (仙台市)

○近畿ブロック 1月中旬 (開催地 未定)

○関東ブロック 2月中旬 (東京都)

 ※東海ブロックと中国四国ブロックは終了しました。

●応募方法

<インターネットによる申込先>

下記、運営事務局の専用サイトよりお申し込み下さい。

http://www.inrec.co.jp/nihonsyoku.html

FAX 送付先:株式会社 循環社会研究所 宛て

FAX:03-5363-0182

傍聴を希望されますブロック名、お名前(フリガナ)、連絡先(電話番号、FAX番号、

メールアドレス)、勤務先・所属団体(なしの場合は「なし」)を明記の上、お申し

込みください。

何か御不明な点がございましたら下記運営事務局までお問い合わせ下さい。

●お問い合わせ先

 日本食文化無形文化遺産化シンポジウム事務局

  東京都新宿区新宿1-11-15 (株)循環社会研究所内

  電話:03-5363-0183 Fax:03-5363-0182

  E-mail:toiawase@inrec.co.jp

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

●御報告│10月18日(木)に第3回「食の信頼」標準化研究会が開催されました。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

本研究会は、東京海洋大学湯川剛一郎教授を発起人として、FCPで作成した「協働の

着眼点」、「FCP共通工場監査項目」等のツールや既存の認証項目等、国内外にある

食品安全のための規格、手法の項目を参考に、「食の信頼」を担保しうる項目に関す

る提言を行うことを目的として開催されるものです。

10月18日(木)に食品事業者や関連事業者の方など19事業者・団体計19名の参加によ

り、第3回研究会が開催されました。

当日は、前回議論された内容を振り返った後に、湯川先生から「製品認証とプロセス

認証」に関する基礎解説として、製品認証のスキーム等について御説明がありました。

その後、グループディスカッションを行い、(1)消費者の安心を確保するためにどの

ような形で製品検査を仕組めばよいか、(2)製品検査に関してどのような情報を伝え

れば消費者の安心が得られるか、について議論が行われました。

「食の信頼」標準化研究会の詳細及び第3回研究会の配付資料等はこちらのページを

ご覧ください。(議事概要はまとまり次第掲載いたします。)

http://www.food-communication-project.jp/study/study_24_03.html

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

○お知らせ|FCP通信の配信元アドレスが変更されます。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

FCPの活動状況等をお知らせしているFCP通信ですが、次号より以下のとおり配信元の

メールアドレスが変更されます。

迷惑メール対策のために受信制限をされている場合は、以下のアドレスを受信できる

ように設定をお願いいたします。

  変更後 fcp_jimukyoku@food-communication-project.jp

  変更前 fcp_jimukyoku@nm.maff.go.jp

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

◎皆さまの取組を情報共有ネットワークメンバーと共有してみませんか。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

FCPの趣旨にのっとった、情報共有ネットワークメンバーの皆さまの活動事例をFCP事

務局に御紹介ください。FCP通信や、皆さまの御都合がよろしければFCPホームページ

に掲載させていただくことを考えています。御紹介いただける活動事例がありました

ら、是非FCP事務局まで御連絡ください。

  宛先:fcp_jimukyoku@nm.maff.go.jp

---------------------------------------------------------------------------

◎《 FCP通信 》に関するお問い合わせ

  フード・コミュニケーション・プロジェクト(FCP)に関して

  御質問等がございましたら下記までお問い合わせください。

   フード・コミュニケーション・プロジェクト事務局

メール:fcp_jimukyoku@nm.maff.go.jp

◎フード・コミュニケーション・プロジェクト ホームページ

   http://www.food-communication-project.jp/

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓

┃消費者の「食」への信頼向上のため、FCPの活動をお取引先の皆様などにも ┃

┃御紹介くださいますようお願いいたします。              ┃

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

閉じる