┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

┃ FCP通信                       ……第89号 2012/12/20

┃ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\

┃農林水産省 「フード・コミュニケーション・プロジェクト」 ̄ ̄ ̄ ̄

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

このメールマガジンは「フード・コミュニケーション・プロジェクト(FCP)」に関す

る情報共有ネットワークに御参加いただいている皆様に向けて配信しております。

第89号では、(1)平成24年度FCP成果報告会の御案内、(2)第3回FCP企業力アップ研究会

の御報告、(3)第2回「FCP展示会・商談会シート」の普及に向けた勉強会の御報告、

(4)農林水産省「消費者の部屋」での展示についての御報告、(5)2012年度日本フード

システム学会秋季研究会の御報告、(6)第3回品質監査に関する研究会の御報告、(7)第

4回「食の信頼」標準化研究会の御報告をいたします。

┌ 今号の目次 ―――――――――――――――――――――――――――――――

○お知らせ│平成25年2月13日(水)に平成24年度FCP成果報告会を開催します。

●御報告│10月23日(火)に第3回FCP企業力アップ研究会が開催されました。

●御報告│10月26日(金)に第2回「FCP展示会・商談会シート」の普及に向けた勉強

     会が開催されました。

●御報告│11月12日(月)〜16日(金)に農林水産省「消費者の部屋」でFCP活動を

     紹介しました

●御報告│11月17日(土)開催の「2012年度日本フードシステム学会秋季研究会」で

     FCPを取り上げました。

●御報告│11月26日(月)に第3回品質監査に関する研究会を開催しました。

●御報告│12月3日(月)に第4回「食の信頼」標準化研究会を開催しました。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

○お知らせ│平成25年2月13日(水)に平成24年度FCP成果報告会を開催します。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

FCPでは、来年2月13日(水)に平成24年度FCP成果報告会を開催します。

成果報告会では、FCPに関わる多様な関係者が一堂に会し、研究会の活動報告などを予

定しておりますので、是非御参加ください。

なお、詳細については、決定次第お知らせ致します。

  日時:平成25年2月13日(水)午後(予定)

  場所:東京大学弥生キャンパス弥生講堂

     東京都文京区弥生1-1-1

     http://www.a.u-tokyo.ac.jp/yayoi/map.html

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

●御報告│10月23日(火)に第3回FCP企業力アップ研究会が開催されました。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

本研究会は、農林水産省主催で、地域の中小食品企業等が事業の活性化と企業の信頼

向上を図るため、事業活動全般にFCPの考え方やツールを一括して活用できるプログ

ラムの作成を目的として開催しています。

10月23日(水)に食品事業者や関連事業者の方など10事業者・団体計10名の参加によ

り、第3回研究会を開催しました。

当日は、企業力アッププログラムのキャッチコピー案や、これまでの研究会の議論を

踏まえて作成したステップ1の企業力アッププログラム及び運営マニュアルの事務局

案について議論が行われました。

その後、ステップ2の研修会運営マニュアルの内容をどうすべきかについて議論が行

われました。

FCP企業力アップ研究会の詳細及び第3回研究会の配付資料等はこちらのページをご覧

ください。

http://www.food-communication-project.jp/study/study_24_04.html

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

●御報告│10月26日(金)に第2回「FCP展示会・商談会シート」の普及に向けた勉強

     会が開催されました。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

本勉強会は、「FCP展示会・商談会シート」の更なる普及を目指すため、様々な角度

からシートの活用可能性等について勉強し、普及に役立てていくことを目的として開

催しています。

10月26日(金)に食品事業者や関連事業者の方など15事業者・団体計16名の参加によ

り、第2回勉強会を開催しました。

当日は、事務局から本勉強会の概要を説明を行った後に、FCP展示会・商談会シート

を独自に中国語に翻訳して輸出用にも御活用いただいているフタバ食品株式会社の高

橋様に「FCP商談会シートの活用事例」をテーマに御講演いただきました。

その後、「FCP企業力アッププログラム」で使用する「商品紹介シート」(仮)につ

いて議論が行われました。

「FCP展示会・商談会シート」の普及に向けた勉強会の詳細及び第2回勉強会の配付資

料等はこちらのページをご覧ください。

http://www.food-communication-project.jp/study/study_24_08.html

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

●御報告│11月12日(月)〜16日(金)に農林水産省「消費者の部屋」でFCP活動を

     紹介しました

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

「消費者の部屋」は、消費者の皆さまとのコミュニケーションを深めるために、農林

水産省の北別館1階に設けられ、農林水産行政や食生活などについての情報提供を行

っています。

今年度のFCPの活動は、FCPの普及(食品事業者の現場での活用の推進、消費者への発

信)に力を入れることとしており、その一環として、「消費者の部屋」において、

「頑張っています!食品産業。食への信頼『見える化』活動」をテーマに、食品の製

造・加工・販売の現場で使えるFCPツールと地域ブランチの活動紹介を行い、延べ800

名を超える皆様に御来場いただきました。

御協力いただいた地域ブランチ(岩手県、栃木県、山梨県、三重県、和歌山県、愛媛

県、大分県)の御担当者の皆様、御来場いただいた皆様ありがとうございました。

展示の様子については、こちらのページをご覧ください。。

http://www.maff.go.jp/j/heya/tenzi/1211/t_121112.html

https://www.facebook.com/maff.shokusan

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

●御報告│11月17日(土)開催の「2012年度日本フードシステム学会秋季研究会」で

     FCPを取り上げました。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

11月17日(土)に、東京大学農学部弥生講堂において、産学官の協働によるFCPの新

たな可能性を模索するため、「フード・コミュニケーションの未来」をテーマとした

「2012年度日本フードシステム学会秋季研究会」(主催:日本フードシステム学会)

が、FCP普及・戦略研究会と合同で開催されました。

前半では、東京大学大学院の中嶋教授によるFCPの概念や発展可能性等についての御

講演、FCP事務局長の西による今年度のFCP研究会・勉強会の取組状況の御報告、青森

中央学院大学の塩谷教授によるFCP岩手ブランチの取組についての御講演、東京大学

大学院細野准教授による「協働の着眼点」を活用した企業の信頼指標構築の取組につ

いての御講演、政策研究大学院大学の神井教授によるFCPにおける協働の枠組につい

ての御講演が行われました。

後半では、「産学官連携による食信頼向上へ向けた新たな取組の可能性」をテーマに、

産学官が連携する場に期待することや何ができるか等について、ワークショップが行

われました。

当日は、約90名の参加で、盛況のうちに情報共有や意見交換を行うことができました。

御出席いただいた皆様ありがとうございました。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

●御報告│11月26日(月)に第3回品質監査に関する研究会を開催しました。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

本研究会は、農林水産省主催で、 FCP共通工場監査項目を更なる普及のため、これか

ら監査に対応していこうと考えている方にも抵抗なく、取り組んでいただけるよう、

「事例で学ぶ工場監査」のイメージでFCP共通工場監査項目に基づく事例集の作成を

目的として開催しています。

11月26日(月)に食品事業者や関連事業者の方など33事業者・団体計35名の参加によ

り、第3回研究会を開催しました。

当日は、成果物の作成に向けて、監査シーンで見られる指摘事例の整理や項目の見直

し案について議論されました。その後、成果物の活用シーンについて議論が行われま

した。

品質監査に関する研究会の詳細及び第3回研究会の配付資料等はこちらのページをご

覧ください。(議事概要はまとまり次第掲載いたします。)

http://www.food-communication-project.jp/study/study_24_06.html

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

●御報告│12月3日(月)に第4回「食の信頼」標準化研究会を開催しました。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

本研究会は、東京海洋大学湯川剛一郎教授を発起人として、FCPで作成した「協働の

着眼点」、「FCP共通工場監査項目」等のツールや既存の認証項目等、国内外にある

食品安全のための規格、手法の項目を参考に、「食の信頼」を担保しうる項目に関す

る提言を行うことを目的として開催しています。

12月3日(月)に食品事業者や関連事業者の方など22事業者・団体計28名の参加によ

り、第4回研究会が開催されました。

当日は、前回までの議論を振り返った後、湯川先生から「具体的スキームへの信頼要

素の付加」に関する基礎解説として、ISO22000、FSSC22000、JAS制度等について御説

明がありました。

その後、(1)ISO22000,ISO/TS22002-1等のPRP規格について、どのように改善すれば

信頼要素を付加することができるか、(2)JAS規格における認定事業者の品質管理の基

準である、認定の技術的基準をどのように改善すれば信頼要素を付加することができ

るか、について議論が行われました。

「食の信頼」標準化研究会の詳細及び第4回研究会の配付資料等はこちらのページを

ご覧ください。(議事概要はまとまり次第掲載いたします。)

http://www.food-communication-project.jp/study/study_24_03.html

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

◎皆さまの取組を情報共有ネットワークメンバーと共有してみませんか。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

FCPの趣旨にのっとった、情報共有ネットワークメンバーの皆さまの活動事例をFCP事

務局に御紹介ください。FCP通信や、皆さまの御都合がよろしければFCPホームページ

に掲載させていただくことを考えています。御紹介いただける活動事例がありました

ら、是非FCP事務局まで御連絡ください。

  宛先:fcp_jimukyoku@nm.maff.go.jp

---------------------------------------------------------------------------

◎《 FCP通信 》に関するお問い合わせ

  フード・コミュニケーション・プロジェクト(FCP)に関して

  御質問等がございましたら下記までお問い合わせください。

   フード・コミュニケーション・プロジェクト事務局

メール:fcp_jimukyoku@nm.maff.go.jp

◎フード・コミュニケーション・プロジェクト ホームページ

   http://www.food-communication-project.jp/

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓

┃消費者の「食」への信頼向上のため、FCPの活動をお取引先の皆様などにも ┃

┃御紹介くださいますようお願いいたします。              ┃

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

閉じる