┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

┃ FCP通信 ……第106号 2014/10/2

┃ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\

┃農林水産省 「フード・コミュニケーション・プロジェクト」 ̄ ̄ ̄ ̄

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

このメールマガジンは「フード・コミュニケーション・プロジェクト(FCP)」

に関する情報共有ネットワークに御参加いただいている皆様に向けて配信して

おります。

第106号のラインアップは次のとおりです。

┌ 今号の目次 ――――――――――――――――――――――――――――

●御報告│7/18(金)に第1回つながる会議を開催しました

●御報告│7/25(金)及び9/26(金)に第1回、第2回の企業力アップ研究会

    │(品質監査に関する分科会)を開催しました

●御報告│8月6日(水)〜7日(木)に実施された農林水産省子ども霞が関見

│学デーで親子の皆さま等を対象にFCP活動を紹介しました

●御報告│9/5(金)に第4回国際標準に関する勉強会を開催しました

☆御案内│10/15(水)に第2回つながる会議を開催します

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

●御報告│7/18(金)に第1回つながる会議を開催しました

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

「FCPつながる会議」は、従来のプロジェクト活動では知り合える機会が少な

い方達がつながる場、交流の場として、平成25年度に立ち上げた活動です。

1回ごとの完結編として、消費者からの信頼確保や食品企業の取組・課題等に

ついて考え、情報共有・意見交換し「顔の見える」交流・つながりを深め、お

互いに気付きを得、ひいては社内での活動をしやすくするための場として立ち

上げました。

第1回は、「女性の視点を活かした日本の食品の信頼向上の取組、課題解決」

という経緯で開催し、38社/団体45名の参加がありました。

デイスカッションでは、前半「日本の強み・弱み」を浮き彫りにし、それらを

踏まえ後半では、「グローバル化対応について」議論されました。

 つながる会議の趣旨及び配布資料はこちらのページをご覧ください。

  http://www.food-communication-project.jp/study/study_26_04.html

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

●御報告│7/25(金)及び9/26(金)に第1回、第2回の企業力アップ研究会

    │(品質監査に関する分科会)を開催しました

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

中小食品企業が企業の課題解決や企業力向上のための知見や気づきを得るた

めのプログラムをこれまでに作成し、FCP企業力アッププログラムIや運営マ

ニュアルとしてまとめてきました。平成26年度は、これまでの成果物を活用

しつつ、FCP企業力アッププログラムIのリバイスとプログラムIIを作成する

ことを目的としております。

FCP企業力アップ研究会はファシリテーターとして鶏卵肉情報センターの杉浦

氏にお願いし、今年度は既に5月23日(金)に第1回、6月18日(水)に第2回

が開催され多くの企業の方に参加いただきました。既にあるFCP企業力アップ

プログラムIを導入編とするとプログラムIIは実践編として位置づけ作成して

います。

また、FCP共通工場監査項目を具体的に文言変更する作業と監査手順書を作成

する作業を、品質監査に関する分科会として7月25日(金)に第1回、9月26日

(金)に第2回を開催し、10月24日(金)には第3回を予定しています。

なお、FCP企業力アップ研究会は11月に第3回を開催し、1月に最終的にFCP共

通工場監査項目と監査査手順書を併せてFCP企業力アッププログラムIIとして

まとめる予定です。

 企業力アップ研究会(品質監査に関する分科会)の趣旨及び各回の配布資

 料はこちらのページをご覧ください。

  http://www.food-communication-project.jp/study/study_26_02.html

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

●御報告│8月6日(水)〜7日(木)に実施される農林水産省子ども霞が関見

│学デーで親子の皆さま等を対象にFCP活動を紹介しました

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

平成12年度から実施している「子ども霞が関見学デー」は、文部科学省をはじ

めとした府省庁等が連携して、業務の説明や省内見学などを行う事により、親

子のふれあいを深め、子ども達が夏休みに広く社会を知る体験活動の機会とす

るものです。

農林水産省食料産業局のFCPでも、昨年に引き続きFCPネットワークにご参加の

企業・団体のご協力を得て、食品ができるまで、食品衛生や食品安全に関する

パネル展示、実演では食品を作る・食品のロスを知る・衛生について知る・食

品の成分を知る、実演を実施しました。

また、食品企業・団体の展示に興味を持ってもらうためにクイズラリーを実施

し、子ども達の興味を喚起することができました。さらに、企業のキャラクタ

ーと一緒に写真撮影イベントを行い、子ども達からの歓声を浴びていました。

子ども霞が関見学デーの2日間は天気も良く、FCPの実演と展示で629名の子ど

も達に加えて、保護者の方々にも多数参加及び閲覧をいただき、食の信頼に向

けたFCPの取組への理解を深めていただきました。

ご協力いただきました企業・団体の皆様ありがとうございました。

FCPは今年度も引き続き、食品事業者の皆様のFCPの現場における活用の推進や、

その取組を消費者の皆様へ発信することなど、FCP活動の見える化に力を注い

でいきたいと考えています。今後ともご協力をよろしくお願いします。

 農林水産省の子ども霞が関見学デーの活動はこちらのページに掲載してい

 ます。ご覧ください。

 http://www.maff.go.jp/j/kids/k_d/index.html

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

●御報告│9/5(金)に第4回国際標準に関する勉強会を開催しました

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

本勉強会は、食品産業における規格・認証をめぐる状況及び国際的な食品安全

マネジメントシステム規格の現状について情報共有等のために立ち上げられた

ものです。

9月5日(金)に食品事業者や関連事業者の方など50事業者・団体計59名の参加

により、第4回勉強会を開催しました。

当日は、事務局より8月8日(金)にプレスリリースされた「食料産業における

国際標準戦略検討会」報告書の概要について説明を実施した。

その後、食料産業における国際標準に係る論点(日本発の認証スキームについ

ての意見および効率的な人材育成の方法)についてグループディスカッション

を実施いたしました。

 国際標準勉強会の趣旨及び第4回の配布資料はこちらのページをご覧くださ

 い。

  http://www.food-communication-project.jp/study/study_26_03.html

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

☆御案内│10/15(水)に第2回つながる会議を開催します

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

「中小食品事業者の食品安全向上と国際的な評価の向上」と題した会議を開催

いたします。

「食品安全等に係る認証と食品安全対策」をテーマとして、地方公共団体の方

々に参加いただき、開催したいと考えています。世界的に食品製造・流通のグ

ローバル化が進展する中で、民間の取引条件として、HACCPやGAPを含む食品安

全や消費者の信頼確保に関する規格による認証が求めるようになってきている

中で、8月8日(金)に農林水産省で実施してきた「食料産業における国際標準

戦略検討会」の報告書が出され、今後、食品事業者へのHACCP導入の推進、新

しい認証スキームの構築を進めていくことが提示されました。このような状況

を踏まえ、地域における今後の食品安全に関する対策について議論したいと考

えています。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

◎ネットワーク参加者登録情報の修正について

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

異動等で担当者様の変更や部署変更等がございましたら、以下のページを開い

て、ネットワーク参加者ID(FCP○○○○)とパスワードでログインしていた

だき、「参加者登録情報変更」から登録内容の修正をお願いいたします。IDが

不明等がございましたら、FCP事務局まで御連絡下さい。

  https://ssl.food-communication-project.jp/fcpDB/fcp50i.php

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

◎皆さまの取組を情報共有ネットワークメンバーと共有してみませんか

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

FCPの趣旨にのっとった、情報共有ネットワークメンバーの皆さまの活動事例

をFCP事務局に御紹介下さい。FCP通信や、皆さまの御都合がよろしければFCP

ホームページに掲載させていただくことを考えています。御紹介いただける活

動事例がありましたら、是非FCP事務局まで御連絡下さい。

  宛先:fcp_jimukyoku@nm.maff.go.jp

----------------------------------------------------------------------

◎《 FCP通信 》に関するお問い合わせ

  フード・コミュニケーション・プロジェクト(FCP)に関して

  御質問等がございましたら下記までお問い合わせ下さい。

   フード・コミュニケーション・プロジェクト事務局

メール:fcp_jimukyoku@nm.maff.go.jp

◎フード・コミュニケーション・プロジェクト ホームページ

   http://www.food-communication-project.jp/

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓

┃消費者の「食」への信頼向上のため、FCPの活動をお取引先の皆様などに ┃

┃も御紹介下さいますようお願いいたします。             ┃

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

※本メールは配信専用です。返信いただいても御対応致しかねますので

 あらかじめ御了承下さい。

============================================================

 ■発行:フード・コミュニケーション・プロジェクト事務局

閉じる