┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

┃ FCP通信 ……第123号 2016/8/22

┃ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\

┃農林水産省 「フード・コミュニケーション・プロジェクト」 ̄ ̄ ̄ ̄

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 このメールマガジンは「フード・コミュニケーション・プロジェクト(FCP)」

に関する情報共有ネットワークに御参加いただいている皆様に向けて配信して

おります。

第123号のラインアップは次のとおりです。

┌ 今号の目次 ――――――――――――――――――――――――――――

      |

●ご報告 1|平成28年6月29日(水)に

      |標準・制度に関する勉強会を開催しました

      | 

●ご報告 2│平成28年7月8日(金)に

      |若手フォーラムを開催しました

      |

◇お知らせ1│食品初耳学!のアイデア募集について

      |

◇お知らせ2|直近の活動スケジュール

      |

◇お知らせ3|農林水産省輸出促進課からのお知らせ

      |米国食品安全強化法セミナー〜 入門編〜 の御案内

      |

◇お知らせ4|SOMPOリスケアマネジメントからのお知らせ

      |農林水産省補助事業

      |食品事業者向け マネジメント体制構築研修会 の開催について

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

●ご報告 1|平成28年6月29日(水)に

      |標準・制度に関する勉強会を開催しました

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 第1回FCP標準・制度に関する勉強会〜HACCPの導入に何が必要か〜を

6月29日に開催いたしました。今回の勉強会では、HACCPを題材として、

まず農林水産省、厚生労働省から国際機関や諸外国の動向、国内外でどのような

HACCP導入支援を行っているか等についてご紹介しました。

その後、中小事業者がHACCPを導入していくためのポイントについて

参加者で以下の論点についてディスカッションを行いました。

 論点:

  ・中小事業者がHACCPを導入するにあたり、衛生管理としてどこまで求めるのか

   HACCP実施のポイントは何か

  ・中小事業者へのHACCP導入を進めるために、何をしたらよいのか

当日は34社・団体、39名の方に参加いただきました。

お忙しい中ご出席いただきました皆様、どうもありがとうございました。

当日の概要、配付資料については、まとまり次第 こちら↓↓ に掲載いたします。

http://www.food-communication-project.jp/study/study_28_03.html

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

●ご報告 2│平成28年7月8日(金)に

      |若手フォーラムを開催しました

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 第1回FCP若手フォーラム〜食の安全・安心の観点から企業行動を考える〜を

7月8日に開催いたしました。今回のフォーラムでは、イントロダクションとして、

農林水産行政をめぐる状況について、フード・コミュニケーション・プロジェクト

についてを説明した後、FCPツールの「食への信頼を創る ベーシック16

まず使ってみるための協働の着眼点入門マニュアル」をテキスト教材として、

実際にベーシック16のシート項目を記入するワークショップを実施しました。

 当日は12社、36名の方に参加いただきました。

お忙しい中ご出席いただきました皆様、どうもありがとうございました。

当日の概要、配付資料については、こちら↓↓ に掲載しています。

http://www.food-communication-project.jp/study/study_28_04.html

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

◇お知らせ1|食品初耳学!のアイデア募集について

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 5月13日のFCP活動説明会でお伝えしましたが、9月につながる会議として

「食品初耳学!」第二弾の開催を予定しております。

会議の詳細は以下の通りです。

 ◎日時:9月2日金曜日 14時〜17時30分

 ◎場所:農林水産省 7階 共用第1会議室

 

 食材や食の安全に関する事柄は、世間で話題にされやすいネタであるものの、

意外と知られていないことが多くあるため、食品業界では常識だけど一般の

消費者には伝わっていない初耳であろう事柄(「食品初耳学!人に話したい

食に関する業界の常識」)について広く食品関連事業者/団体の方々から

アイデアをいただき、つながる会議でまとめていきたいと考えています。

皆様には、自分の業界では当たり前にやっていること・知識で他の業界や

消費者が知らないであろう事柄(特に食の安全安心に関わる内容)を

事前にアイデアとして出していただきたいと思います。

また、いただいたアイデアは、今後のFCPの普及活動に役立てていく予定です。

今回は会議の進行をスムースに行うため、事前にアイデアの募集をしております。

以下のリンク先にある募集要項をお読みいただきアイデアを出していただければと

思います。沢山の方のご参加をお待ちしております。

http://www.food-communication-project.jp/hatsumimi/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

◇お知らせ2|直近の活動スケジュール

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 直近のFCP活動スケジュールをお知らせします。

8月24日:「第2回FCPツールの活用を考える研究会(ワーキンググループ)

8月26日:「第2回若手フォーラム」

9月2日:「第1回つながる会議」

9月15日:「第2回FCPツールの活用を考える研究会(全体会議)」

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

◇お知らせ3│農林水産省輸出促進課からのお知らせ

      |米国食品安全強化法セミナー〜 入門編〜 の御案内

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 農林水産省補助事業として、地方FSMAセミナーをJETROにて開催予定です。

事業者の皆様が、FSMAへの基礎的理解を得て、対策・準備をしていただく

ためにも、お役に立つものと思います。

以下、農林水産省輸出促進課からの案内をご紹介します。

----------------------------------------------------------------------

■ 米国食品安全強化法セミナー〜 入門編〜(ジェトロ)   

ジェトロでは、「米国食品安全強化法セミナー〜入門編〜」を

全国25都市にて開催します。

米国食品安全強化法(FSMA)は2011年に成立した米国の法律で、2016年9月19日

から主要な規則の適用が、順次開始されます。

米国で消費するすべての農林水産物・食品が対象となるため、米国向けに輸出

している企業では、FSMAへの必要な対応を実施していく必要があります。

本セミナーでは、入門編として、FSMAの概要について基本から説明し、今後、

求められる対応について解説します。また、FSMA対応策を検討する前に理解し

ておくべき国内外の食品安全の情報についてもお話します。

米国向けに農林水産物・食品の輸出を行っている方、これから食品安全に

かかる社内体制の整備を検討している方、また海外営業・品質管理等の業務に

従事している方等のご参加をお待ちしております。

※本事業は農林水産省補助事業として実施します。

   (ただし千葉、香川、盛岡を除く)

○ 以下の都市で順次開催予定です。ジェトロのイベント

 情報で随時ご案内いたしますのでご確認ください。

 

 ジェトロイベント情報

 http://mailmag.maff.go.jp/c?c=20367&m=102711&v=692c950c  (外部リンク)

 今後の開催予定

 香川(8/25) 岡山(8/26) 長野(8/30)

徳島(9/2) 大分(9/5) 鹿児島(9/6) 盛岡(9月)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

◇お知らせ4|SOMPOリスケアマネジメントからのお知らせ

      |農林水産省補助事業

      |食品事業者向け マネジメント体制構築研修会 の開催について

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

この研修会は、日本国内の食品企業における食の安全・安心への取組を推進し

日本の食品業界全体が健全に発展することを目的として農林水産省の補助を

受けて開催されます。

以下、詳細についてご紹介します。

 主要対象者:食品事業者の経営層及び管理職層(品証・生産・広報等の

       一般職層も可)

 時間:13:00〜16:45(12:30開場)

 内容:1.改訂!5つの基本原則

    2.ネット時代の事故対応と情報伝達

    3.食品表示法対応と誤表示防止

    4.HACCP制度化と日本発食品安全規格

 場所:名古屋(10/5)、福岡(10/18)、大阪(10/31)、仙台(11/9)

    札幌(11/15)、東京(11/21)

お申し込みは、以下のアドレスからお願いします

http://www.sjnk-rm.co.jp/seminar/food/

お問い合わせは、

SOMPOリスケアマネジメント株式会社 食品事業者向け研修会事務局

までお願いします。

 電話:03−3349-4318(平日9時〜11時45分、12時45分〜17時)

 Eメール:food@sompo-rc.co.jp

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

◎ネットワーク参加者登録情報の修正について

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 異動等で担当者様の変更や部署変更等がございましたら、以下のページから

ネットワーク参加者ID(FCP○○○○)とパスワードでログインしていただき、

「参加者登録情報変更」から登録内容の修正をお願いいたします。IDが

不明等がございましたら、FCP事務局まで御連絡下さい。

  https://ssl.food-communication-project.jp/fcpDB/fcp50i.php

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

◎皆さまの取組を情報共有ネットワークメンバーと共有してみませんか

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 FCPの趣旨にのっとった、情報共有ネットワークメンバーの皆さまの活動事例

をFCP事務局に御紹介下さい。FCP通信や、皆さまの御都合がよろしければFCP

ホームページに掲載させていただくことを考えています。御紹介いただける活

動事例がありましたら、是非FCP事務局まで御連絡下さい。

  宛先:fcp_jimukyoku@maff.go.jp

----------------------------------------------------------------------

◎《 FCP通信 》に関するお問い合わせ

  フード・コミュニケーション・プロジェクト(FCP)に関して

  御質問等がございましたら下記までお問い合わせ下さい。

   フード・コミュニケーション・プロジェクト事務局

メール:fcp_jimukyoku@maff.go.jp

◎フード・コミュニケーション・プロジェクト ホームページ

   http://www.food-communication-project.jp/

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓

┃消費者の「食」への信頼向上のため、FCPの活動をお取引先の皆様などに ┃

┃も御紹介下さいますようお願いいたします。             ┃

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

※本メールは配信専用です。返信いただいても御対応致しかねますので

 あらかじめ御了承下さい。

============================================================

 ■発行:フード・コミュニケーション・プロジェクト事務局

閉じる